パウダーとリキッドを使い分けるポイントとは?

化粧をする上での基盤となるファンデーションですが、昨今様々なタイプのものが登場しています。
そのように沢山の種類があるとどう選んだらよいのか迷ってしまうのは仕方がないこと。

harusm

ファンデーションというのは大きく分けると

  • パウダー
  • リキッド

の二種類となります。

ですが、どちらにもメリットデメリットがあるため多くの場合は自分の肌に合わせて選択することになるのではないでしょうか。

そんなパウダーとリキッドですが実はシーンによって使い分けるのがおすすめです。

確認しないと勘違いメイクに!?パウダーとリキッドの特徴!

まずはパウダーファンデーションとリキッドファンデーションの特徴について改めて確認しておきましょう。

これだけは知っておきたい!パウダーファンデーションの特徴

パウダーファンデーションはパウダリーファンデとも言われているもので、粉を押し固めるようにして作られているファンデーションです。

  • さらさらとしている
  • 手軽に使える

特徴があるため

  • あまりメイクに慣れていない方
  • ちょっとした化粧直し

にも重宝します。

添加物が少ないものが多いため比較的肌に優しいのも特徴。

ですが、合わないものを使用すると粉っぽくなってしまったり、化粧が崩れやすいという弱点があります。

さらっとしているという点から

  • 普通肌
  • オイリー肌

の方に向いているファンデーションです。

知らいないと損する!?リキッドファンデーションの特徴

一方のリキッドファンデーションはパウダーとは反対の液状のファンデーションです。

液体なので肌にぴたっと密着することからカバー力の高さに定評があります。

ですが、その密着性の高さから

  • 肌への負担も高い
  • なかなか落ちづらい

という特徴からクレンジングでの負担も増えてしまうという難点もあります。

こちらは液体なので乾燥を防ぐことが可能となるという点から、普通肌は勿論乾燥肌の方にも向いていると言えるでしょう。

フェイスパウダーと一緒に使ってあげるのがおすすめです。

きれい肌のために!特徴を活かして使い分けを!

これらの特徴を踏まえてみると、おのずとどのようなシーンでどちらを使用したら良いのか掴めてくるかもしれません。

例えばイベントなどのとき、何かと時間に追われてまとまった化粧直しの時間が取れないこともあるでしょう。

そのような時には事前にしっかりとメイクができるリキッドファンデーションを使用してあげれば化粧崩れの心配を軽減することができます。

もしも崩れてしまった場合には、ちょっとお手洗いに立つついでなどの短時間で化粧直しをすることが可能です。

軽くテッシュオフしてからパウダーファンデーションを叩いてあげれば良いので化粧直しに長い時間がかかるようなことはありません。

また、休日ちょっと食材の買い出しに行くといった短時間の外出時には何もつけないと紫外線などのダメージを受けてしまうため、パウダーファンデーションでさらっと手軽にメイクをするというのも良いでしょう。

季節によって使い分け!?お肌のためにできること!

パウダーとリキッドの使い分けは時間で行うだけではありません。

  • 夏のように汗で流れてしまったり
  • 冬のようにお肌が乾燥しやすい

時期にはリキッドファンデーション。

それ以外の穏やかな気候のときはパウダーファンデーション。

といったように季節や気候に合わせて使い分けるということも可能なのです。

また、パウダーファンデーションとリキッドファンデーションのどちらを使用するかというのはメイクの仕上がりにも影響します。

簡単にまとめると

  • ナチュラルに仕上がるのがパウダー
  • しっかりメイクができるのがリキッド

なのでTPOに合わせて仕上がりを変えたいときなどに使い分けるのもまた良いですね。

harusm

敏感肌だから肌に刺激のあるリキッドファンデーションは使えない、という方でも利用できそうな添加物の少ないリキッドファンデーションも登場しつつあります。

もちろん個人差があるので油断は禁物ですが、使ってみたいと思った際には一度調べてみるのも良いでしょう。

パウダーとリキッドを上手に使い分けていつも綺麗な自分でいたいものですね。


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪