パウダーとリキッド、負担が少ないファンデーションは?

ファンデーションと言ってもその種類はさまざま。
中でもよく使われているのがパウダーとリキッドです。
この2つのうち、負担の少ないものは・・・。

harusm

一般的によく使われているパウダーとリキッド。

この2つのファンデーションはそれぞれの特徴がまったく違います。

その特徴を知らずに使うと、期待していた仕上がりにならないばかりか、肌荒れになったりすることも・・・。

この2つは仕上がりやカバー力だけでなく、肌への負担もまったく違います。

思いつきやデザインだけで購入して失敗しないためには、

  • それぞれの特徴を知る
  • どちらが負担が少ないのかを知る

ことが大切です。

パウダーとリキッド、それぞれの違いは?

同じファンデでもまったく違う2つ。

まずはそれぞれの仕上がりやカバー力、使い心地の違いを把握しましょう。

パウダータイプの特徴

粉状になっているファンデで軽い仕上がりのものが多く、カバー力もリキッドと比べ控えめ。

使い心地も軽く、初心者さんでも扱いやすいのが特徴です。

パウダーでも、

  • パフを使うもの
  • ブラシを使うもの

があり、一般的にはブラシを使うものの方が軽い仕上がりになります。

リキッドタイプの特徴

液状のファンデでカバー力が高く、しっかりとした仕上がりになります。

さらにリキッドタイプは保湿力も優れているのが特徴。

その反面、扱いが難しく初心者さんには慣れが必要です。

ですが、化粧崩れがしにくいため、一度キレイにメイクができれば長時間状態をキープすることができます。

どちらが負担が少ないの?

リキッドはカバー力が高い反面、防腐剤などが含まれていてパウダーよりもお肌への負担が大きくなります。
ですが、最近では敏感肌専用のものが発売されています。

パウダーは軽い仕上がりになる分、負担の少ないものが多く、中にはクレンジングを使わずにオフできるものもあります。

一般的に言って・・・

パウダーのほうが負担が少ない

です。

さらにパウダーの中には特に負担の少ないものがあります。

harusm

 敏感肌の味方!?ミネラルファンデとは?

ミネラルファンデーションはご存知ですか?

負担になる成分を控え、天然成分を使ったファンデで、石鹸で簡単のオフできるのが特徴。

付けたまま眠れるほど負担が少なく、ふんわりした仕上がりになるのでカワイイ印象を演出できます。

そんなミネラルファンデを実際に使ってみた仕上がりを写真でまとめています。

どんな仕上がりになるのか気になる方は見てみてください♪

⇒エトヴォスミネラルファンデの体験レビュー


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪