肌荒れ時のスキンケア方法とファンデーション選び

肌荒れをしてしまったときは、スキンケアの方法だけでなくファンデーション選びにも気を付ける必要が・・・。

harusm

敏感肌の方は肌荒れを起こすことも多いのではないでしょうか。

肌荒れをしたときは肌荒れに適したスキンケア方法を行うことが大切。

そして、ファンデーション選びも慎重に行う必要があります。

そんな肌荒れ時のスキンケア方法とファンデーション選びについて詳しい内容をまとめてみました。

肌荒れ時のスキンケア方法

シンプルなケアを

敏感肌に傾いてしまって肌荒れを起こしたときは、お肌が回復するまでシンプルなケアを心がけましょう。

たくさんの成分が入った美容液などの使用は回復するまで控えましょう。

肌が元気になるまでは敏感肌用の化粧水などを使ってケアしましょう。

お肌の負担が少ないものを使う

シンプルなケアに加えて、お肌の負担とならない化粧品を使うようにしましょう。

そして、普段の化粧品の中でも最も気を付けるべきなのがファンデーションです。

肌荒れ時のファンデーション選び

パウダータイプを使うと負担が少ない

リキッドやクリームタイプより、パウダータイプの方がお肌の負担はありません。

というのもリキッドやクリームタイプには、ファンデの成分と水分が混ざるようにする成分が入っています。

この成分がお肌の負担となります。

そのため、肌荒れのときはなるべくパウダータイプのものを使うようにするのがおすすめ♪

ミネラルファンデーションはさらに担が少ない

パウダーの中でも、ミネラルファンデーションはさらにお肌の負担となる成分が抑えられています。

ルースパウダーのような軽さでふわっとした仕上がりになります。

リキッドほどではありませんがカバー力もあり、保湿力に優れたものもたくさん発売されています。

そのため、肌荒れがひどいときには特にミネラルファンデがおすすめです。

harusm

 回復するまでは負担の少ないものを

お肌が回復するまでは、スキンケア・ファンデーションともにお肌の負担の少ないものを使うようにしましょう。

肌荒れのときにリッチなスキンケアをしたり、カバー力の高いファンデを使うと回復を遅らせてします。

場合によってはさらに肌荒れを悪化させることも・・・。

普段のケアはまずはストップして負担の少ないスキンケアやファンデを使いましょう。

そのうえで「肌荒れが良くなったら普段のケアに戻すようにする」。

この方法でより効率的に肌荒れを撃退できるでしょう♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪