睡眠不足で敏感肌に!?そんなとき気を付けることって?

睡眠不足で敏感肌になってしまった方も多いのでは?
いくらファンデーションでカバーしようしても敏感肌でお肌が荒れていては効果も半減。
そんなときに気を付けるべきポイントって?

harusm

仕事が忙しくなると肌の調子が悪くなることはありませんか?

お仕事をしている女性であれば一度は経験があるのではないでしょうか。

忙しいときは睡眠不足になりがちで、睡眠不足が原因となって敏感肌になってしまうことも・・・。

そんなとき、どんなことに気を付けると良いのでしょうか?

どうして睡眠不足で敏感肌になるの?

そもそもどうして睡眠不足で敏感肌になるのでしょうか?

それには「免疫機能」が関係しています。

お肌には菌やウイルスが毛穴から入ってこないようにする免疫機能が備わっています。

睡眠不足はそんな免疫機能を弱めてしまいます。

そして、免疫機能が弱まった肌に菌やウイルスが侵入しやすくなり敏感肌になっていまうのです。

では、免疫機能を弱めないために必要な睡眠時間はどれくらいなのでしょうか?

どれぐらいの睡眠時間が必要なの?

一般的に睡眠不足を解消するためには「毎日6時間以上」の時間が必要と言われています。

日本人の平均時間は7時間と言われていますが、理想的な時間は8時間とされています。

人によって個人差はあるものの睡眠不足にならないためには最低6時間は眠る必要がありそうです。

そして、敏感肌にならないためにもう一つ重要なことが・・・。

睡眠の質にも気を付けよう!!

時間と同じく気をつけたいのが睡眠の質。

いくら長い時間眠っても浅い眠りであれば結局睡眠不足になって敏感肌に・・・。

そうならないためには次のことを気を付けましょう。

決まった時間に眠る

眠る時間がまちまちになると質の悪い眠りになってしまいます。

そのため、床に入る時間を決め、決まった時間に眠るようにしましょう。

就寝前にスマホやパソコンを使わない

スマホやパソコンをすると脳が覚醒してしまい、寝付きにくくなってしまいます。

そのためスマホやパソコンは最低でも1時間前までに止めるようにしましょう。

アロマや音楽も利用しましょう

リラックスできるアロマを使って気持ちを落ち着かせたり、入眠用の音楽を聴くことでリラックスすることができます。

気持ちが落ち着いてリラックスすることで自然と眠りにつくことができます。

入眠用のCDはレンタルなどでもたくさんあるので手軽に利用することができます。

harusm

 睡眠は敏感肌だけでなく・・・

睡眠不足は敏感肌になるとさらにニキビなどの肌荒れも起きやすくなります。

敏感肌になってからスキンケアでアフターケアをするよりも、事前に生活習慣を見直して予防することが手間がかかりません。

普段から夜更かしには気を付けて健康なお肌を維持するようにしましょう♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪