腸内環境と敏感肌、その意外な関係って?

敏感肌と腸内環境。一見関係のないように見えますが実は深い関係が・・・。

harusm

最近では腸内環境が健康と関係していることが言われていますが、
健康だけでなく敏感肌にも関係がありました。

もともと、東洋医学では腸内環境とお肌が深く関わっていると言われています。

そんな敏感肌と腸内環境の意外な関係についての内容をまとめました。

腸内環境と腸内細菌

腸内では善玉菌と悪玉菌、日和見菌と3つの種類の菌がバランスをとりながら腸内環境を保っています。

善玉菌が多いと、体の免疫力などが高まり、悪玉菌が多いと、便秘や下痢が起こりやすくなると言われています。

善玉菌の働き

腸内環境を改善する善玉菌。ビフィズス菌が有名です。

そんな善玉菌は一般的に次の働きをすると言われています。

  • 消化、吸収を助ける
  • お通じが良くなる
  • 免疫力のアップ
  • 肌トラブルを減らす

悪玉菌の働き

反対に腸内環境を乱す悪玉菌は・・・

  • 下痢や便秘を起こりやすくする
  • 免疫力を弱める
  • アンモニアなどの有害な成分を作り出す

といった働きをします。

善玉菌の減少とお肌への影響

腸内の善玉菌が減少すると・・・

  1. お肌に関係の深いビタミンの合成が妨げられる
  2. お肌が不安定になり
  3. 敏感肌などの肌トラブルにつながる

と言われています。

敏感肌になったかな?

そう思ったらスキンケアだけでなく、食生活にも気を付けることが大切。

善玉菌を増やすためには?

善玉菌を増やして悪玉菌を減らすためには、

  • 規則正しい生活
  • ストレス解消
  • ヨーグルトを習慣的に食べる

といったことを意識的にすることが大切。

また、食物繊維を積極的にとることや、
脂肪やたんぱく質が高い食事を控えることも腸内環境の改善につながります。

そして、腸内環境の改善が敏感肌に起こりがちな肌トラブルを減らすことも。

健康のためだけでなく、敏感肌のためにも規則正しい生活と適度な運動をするようにしましょう♪

harusm

 スキンケアで改善しない敏感肌には・・

スキンケアを改善しても良くならない敏感肌。

そんなときは腸内環境の改善をすることが一つの方法。

内と外の両方から敏感肌の改善を行い、健康なお肌を作りましょう。


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪