敏感肌のためのクレンジング選び、そのポイントって?

ファンデーションなどのメイクを落とすために必要なクレンジング。
敏感肌の方はその選び方も気をつけたいところですが・・・。

harusm

メイクをする限り、クレンジングは欠かせないアイテム。

でも、クレンジングは少なからずお肌に負担がかかります。

それだけに敏感肌の方はその選び方には気をつけたいところ。

そんなクレンジングの種類と特徴、そして、敏感肌の方におすすめのクレンジングをまとめました。

敏感肌さん必見!クレンジングの種類と特徴

クレンジングはその種類によって、5つに分けられます。

その種類によってお肌への負担が大きく違います

そのため敏感肌の方は特に種類ごとの特徴を押さえておくことが大切♪

ふき取りタイプ

洗浄力が最も高いもので、それだけお肌への負担の大きいのが特徴です。

負担が大きいため、敏感肌さんの中には肌荒れを起こしてしまう人も・・・。

そのため、敏感肌の方にはあまりおすすめできるタイプではありません。

オイルタイプ

オイルクレンジングもふき取りのものと同じく洗浄力が強く、お肌への負担も大きいです。

ふき取りクレンジングと同様、敏感肌さんにはおすすめできない種類です。

ジェルタイプ

ふき取り・オイルタイプに比べればお肌への負担は少ないジェルクレンジング。

落ちにくいポイントメイクなどのスポットで使うのがおすすめです。

クリームタイプ

程度な油分を含んでいるクリームクレンジング。

洗浄力は上の3つよりは控えめですが、お肌への負担が少ないのが特徴

普段のメイクをオフするときに使うのがおすすめ♪

ミルクタイプ

お肌への負担は最も小さいですが、洗浄力が弱い特徴があります。

洗浄力が控えめなので、薄づきメイクを落とすのに適しています

harusm

 敏感肌におすすめなクレンジングは?

5つのタイプを紹介してきました。

洗浄力、お肌への負担を総合的に考えると、

敏感肌におすすめなクレンジングは「クリームクレンジング」になります。

ポイントメイクなど強いメイクは専用のリムーバー、または、ジェルクレンジングでオフ。

ファンデーションなどは「クリームタイプ」のクレンジングを。

というように使い分けをするとお肌への負担を効果的に減らすことができるでしょう♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪