敏感肌さんのUVケア、気をつけたいポイントって?

普通肌より紫外線のダメージを受けやすい敏感肌。
そんな敏感肌が気をつけたいUVケアのポイントは・・・。

harusm

UVケアというと夏だけのもの。

そう思っている方も多いのでは?

でも、紫外線は・・・

  • 一年中
  • 天気に関係なく
  • 外でも家の中でも

降り注いでいます。

そのため、UVケアは常にする必要があり、敏感肌の方は特に紫外線には注意する必要があります。

というのも、敏感肌はお肌のバリア機能が低下しているため、紫外線のダメージを受けやすいため。

そんな敏感肌に欠かせないUVケアのポイントをまとめました♪

日焼け止めとお肌への負担

UVケアに欠かせない日焼け止め。

そんな日焼け止めは少なからずお肌への負担があります。

UVケア効果の高いものは負担が大きいため、敏感肌の方はできるだけ負担の少ない日焼け止めを使う必要があります。

では、負担の少ないものは、というとUVカット効果が控えめ・・・。

となると、どうすれば敏感肌にも優しく、効果的にUVカットができるのでしょうか?

そのためには・・・。

日焼け止めの使い分けを

そんなときは、日焼け止めを種類ごとに使分けるのがおすすめ。

上手に使い分けることで、敏感肌にも優しく、UVカットをすることができます。

具体的な方法って?

使い分けると言ってもその方法はとっても簡単♪

屋内にいることが多ければ、「UVカット効果が控えめなもの」を使いお肌の負担を減らすようにします。

反対に屋外にいることが多い場合は「UVカット効果の高いもの」を使って紫外線のダメージを減らすようにします。

こういった使い分けで、肌への負担を極力減らすことができます。

harusm

 紫外線のダメージは蓄積する!?

紫外線のダメージは蓄積して、あるときを境にシミやシワとして現れます。

そのため、

  • 若いから大丈夫
  • シミもシワもないからUVケアは必要ない

と思っていると30代を過ぎたころにシミやシワが・・・。

そうならないためにUVケアはできるだけ早めに行い、習慣づけるようにしましょう。


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪