フェイスブラシのお手入れ方法【キレイ肌のために】

ファンデーションをキレイにつけるために必要なフェイスブラシ。
意外とそのお手入れはおろそかになりがち。
フェイスブラシが汚れていると・・・

harusm

ファンデーションやルースパウダーなどを使用するときに欠かせないフェイスブラシ。

メイクの出来を左右する大切な道具ですが、そのお手入れはおろそかになりがち。

お手入れしていないフェイスブラシではきれいなメイクをすることは難しく、さらに肌荒れになることも・・・

そんな状態を避けるためにできるフェイスブラシのお手入れ方法をまとめてみました♪

普段のお手入れ方法

毎日でなくても、週に何回かはお手入れが必要。

では、普段のお手入れではどのようなことに気を付けるとよいのでしょうか?

そのポイントは・・・。

保管場所

フェイスブラシを直射日光に充てるのはNG。

劣化が進みすぐにバサバサになってしまいます。

保管するときは直射日光の当たらない日陰においておきましょう

寿命を延ばすために

フェイスブラシの寿命を延ばすためにできること。

それは・・・

ブラシをクシでとかす

こと。

ブラシについた汚れを落とすことで寿命が長くなります。

頻繁にする必要はなく、月に何回かするだけでも効果があります♪

上手な洗い方

傷めずに洗うには固形石鹸を使った方法がおすすめです。

固形石鹸には洗浄成分のほかに余計なものが入っていません。

そのため、汚れを効果的に落とすことができるからです。

では、実際に洗い方を紹介します♪

1.ブラッシングする

洗う前にブラッシングをして汚れを落としておきましょう。

この一手間をするだけでその後の手間がぐっと減ります。

2.お湯に入れて予備洗いをする

石鹸をつける前にぬるま湯に入れて予備洗いをしておきましょう。

ブラッシングでは落としきれない汚れをここで落とします。

3.石鹸を付ける

傷めないように事前に石鹸を泡立ててその泡をつけるようにしましょう。

石鹸を直接つけると、ブラシが痛みバサバサになってしまします。

4.汚れを落とす

口金からブラシの先に向かってやさしくしごくように汚れを落としていきます。

ポイントは優しく洗うこと

石鹸の洗浄力があれば、必要以上にゴシゴシしなくても汚れが落ちます。

5.すすぐ

たっぷりと用意したぬるま湯に浸すようにしてすすぎます。

熱いお湯を使うとブラシが痛むのでNGです。

harusm

 汚れがひどい場合

場合によっては汚れがひどく、一度でキレイにならない場合もあります。

その場合は「石鹸をつけて、すすぐ」を汚れがなくなるまで繰り返すようにしましょう。

フェイスブラシの寿命はだいたい1年くらいと言われてます。

ですが、「弾力がなくなって、毛先がすれ切れてきたら」交換するのがおすすめです。


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪