紫外線吸収剤と拡散剤、その違いは?

日焼け止めを見るとよく記載されている紫外線吸収剤と拡散剤。
この2つにはどんな違いがあるのでしょうか?

harusm

日焼け止めは敏感肌にかかわらず普通肌の方にとって欠かせないアイテム。

最近では日焼け止めが初めからファンデーションに含まれる場合も多くなっていますね。

そんな日焼け止めに欠かせない紫外線吸収剤と拡散剤。

この2つにはどんな違いがあるんでしょうか?

紫外線吸収剤ってどんなもの?

紫外線吸収剤ってそもそもどんなものなんでしょうか?

吸収剤は、

  1. 紫外線を吸収して
  2. 熱などに変化させて放出させ
  3. お肌に紫外線が浸透するのを防ぐ

働きを持っています。

吸収剤のデメリットって?

吸収剤は紫外線をカットする力が強いメリットを持っています。

ですが、拡散剤と比べるとお肌への負担が大きいのがデメリットがあります。

というのも紫外線を吸収すると元々の成分が壊れてしまい、
この壊れた別の成分がお肌の刺激になることもあるため。

ですが、拡散剤と比べ「お肌へのなじみが良い」という違いがあります。

紫外線拡散剤ってどんなもの?

拡散剤は、

  1. 紫外線を拡散させて
  2. お肌に浸透するのを防ぐ

働きを持っています。

吸収剤のように「紫外線を吸収して化学反応を起こす」のではなく、
紫外線自体を「反射・拡散させて日焼けを防ぐ」という違いがあります。

拡散剤のメリットとデメリット

拡散剤には、ファンデーションの白色顔料として使用されている成分が含まれています。

そのため、お肌が白浮きするデメリットがあり、
吸収剤と比べ効果が控えめな違いがあります。

ですが、お肌への負担が少ないという大きなメリットがあります。

harusm

 2つの違いまとめ

吸収剤と拡散剤の特徴を紹介しましたが、
2つの違いをまとめると・・・。

・吸収剤・・・紫外線カット力⇒高い お肌への負担⇒大きい
・拡散剤・・・紫外線カット力⇒普通 お肌への負担⇒少ない

敏感肌の方におすすめな使い方は?

敏感肌の方はできるだけお肌への負担を減らしたいもの。

そのためには・・・

  • 屋外に長時間いるときは効果の高い「吸収剤」を
  • 屋内にいるときは負担の少ない「拡散剤」を

使うことで負担を最小限にすることができます。

2つの違いを理解した上で効率的にUVケアをするようにしたいですね♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪