パウダーとリキッドファンデーション、敏感肌にはどっちがいいの?

同じファンデーションでもそれぞれ特徴の違うパウダーとリキッド。
敏感肌さんにはどちらのファンデがいいのでしょうか?

harusm

特徴の違うパウダーとリキッド。

敏感肌さんにはどちらのファンデーションがおすすめなのでしょうか?

それを知るためにはまずはパウダーとリキッドのそれぞれの特徴を知ることが大切。
そんな2つの特徴とおすすめは?

パウダー、リキッド、それぞれの特徴って?

同じファンデーションでも特徴がまったく違うパウダーとリキッド。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

パウダーの特徴

パウダータイプのメリットは、

  • 扱いやすい
  • お肌に優しい

こと。

ファンデを初めて使う方でも扱いやすく、お化粧直しが簡単です。
また、パウダーの種類によってはクレンジングを使わずにメイクオフすることができるお肌に優しいものがあります。

パウダータイプって乾燥しやすくないの?

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

一昔前のものは確かに乾燥しやすく、化粧崩れしやすいものがありました。

ですが、最近のものにはセラミドの保湿成分などが入っているため、乾燥に強いタイプがたくさん発売されています。

リキッドの特徴

リキッドタイプのメリットは、

  • カバー力がある
  • 保湿力がある

こと。

パウダーよりも扱いにくく、お化粧直しが難しい反面、カバー力があり、一度メイクをするとしばらくお化粧直しをしなくてもいいメリットがあります。

また、水分を含むファンデーションのため保湿力に優れています。

harusm

 パウダー、リキッド、敏感肌さんどっちがいいの?

そんな2つファンデーションですが、敏感肌さんには

パウダータイプ

がおすすめ。

リキッドタイプはファンデーションの成分を液体になじませるために界面活性剤を使用しているためそれだけお肌への負担が大きくなります。

パウダータイプはクレンジングを使わずにメイクオフできるお肌に優しいものがたくさんあります。

パウダーの中でもお肌に優しいミネラルファンデーションならさらに負担を減らすことができます。

肌荒れや肌への負担が気になる方はミネラルファンデーションを試してみるのがおすすめです♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪