敏感肌の人が今からできる対策

一度敏感肌に傾いてしまうとなかなか治らない。。。

harusm

敏感肌になってしまったら、もうどうしようもない・・・。
そう思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそんなことはありません!!

そんな敏感肌の方が、日ごろから出来る対策がありますので出来る事から始めて見て下さい。

食生活の偏り

女の人の大好きな、炭水化物、動物性油。
野菜を食べずに好きな物ばかり食べていては、いつまで経っても皮膚は健康になりません。

毎日の食事の内容を、健康的にするだけで肌のバリアは復活に近づいていきます。
また、白い物の取りすぎ(白糖、小麦、塩等)に気をつけるだけでも効果はあります。

睡眠不足

睡眠不足は大敵です。
睡眠をきちんと取って、体力を回復させない事にはお肌のバランスも良くはなりません。

特に夜の10時から深夜2時にはお肌を回復させるゴールデンタイムとも言われています。
10時は無理でもせめて12時には就寝するようにすると、朝の目覚めもいいし肌にももちろんいいのです。

お酒は控えめに

お酒を飲むと身体が温かくなるのはいいのですが、度を越して飲んでしまうと荒れた肌が痒くなってしまいます。
痒くなると意識していなくても、顔をかいてしまい悪化をたどります。

そしてアルコールを分解する時に、身体の水分を沢山使ってしまうので余計に乾燥肌を招いてしまうのでくれぐれも控えめにしましょう。

便秘

便秘は大敵です。
敏感肌に傾いているという事は身体の代謝が上手く行っていない事が多いので、便秘もセットの事が多いです。

ヨーグルト、野菜、果物などで補給するのが一番ですが、手っ取り早く便秘を楽に解消するには宅配のヤクルトがお勧めです。

綿の肌着

敏感肌に傾いてしまった時に、ポリエステルなどの汗や空気を通しにくい肌着を着ていては悪化してしまいます。
出来れば下着は(肌に触れるもの全て)綿で。

そしてタグも全て初めに切り取っておきましょう。
肌が弱いのでタグが引き金になってしまう事が多々あります。

ストレスは大敵

ストレスは大敵です!
暴飲暴食などで発散するのではなく、日ごろから自分が夢中になれるものを探しておいて、小まめにストレスを発散するようにしましょう。

なければ、色んな講座などにいき新しい人に会いながら趣味を探すのもいい方法です。

harusm

敏感肌に傾く時には必ずそこには小さなきっかけがあります。
日ごろから少しづつ気をつけて、バランスを崩さないように心がけましょう。

心が荒れると、必ず肌も傾きますし、肌が傾くと心も荒れます。
両方バランス良く過ごせるように、自分で心地よい生活が出来るように色々と探ってみましょう。


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪