ファンデーションの種類と上手な選び方!!

同じファンデーションでも種類によって質感や仕上がりの違いあります。
種類ごとの特徴を知ることで自分の肌に合った上手な選び方が・・・。

harusm

ファンデーションをデザインで選んでいませんか?

デザインだけを基準とした選び方では、購入したあとで、

こんなはずじゃなかった・・・

となるかもしれません。

ファンデーションは種類によって全く特徴が違い、適した肌質があります。

ファンデーションごとの特徴を知ることでより上手な選び方ができます。

自分の肌に合うものを見つけるためにタイプ別の・・・

  • 特徴
  • 仕上がり
  • 選び方

をまとめました♪

ファンデーションの選び方が分からない・・・

そんな方はぜひ参考にしてみてください♪

タイプ別の特徴

パウダー

お粉の状態のファンデ。

軽い仕上がりになるものが多く、化粧直しがしやすい特徴があります。

そんなパウダーですが、さらに2つの種類があります。

ルースパウダー

ルースパウダーはブラシにお粉を付けて使うタイプ。

カバー力が控えめですが、お肌への負担が少なく、ふんわりした仕上がりなります。

代表的なものはエトヴォスです。

etvoss

プレストパウダー

プレスされたお粉。

コンパクトに入っていて、スポンジで仕上げるタイプ。

とっても扱いやすく、持ち運びも便利。

ルースパウダーと比べて、カバー力が高く、しっかりした仕上がりに♪

トゥヴェールなどがこのタイプです。

touvert

リキッド

液状のファンデーション。

パウダーよりもお肌に負担がありますが、保湿力、カバー力に優れています。

扱いに慣れが必要ですが、一度仕上げると崩れにくい特徴があります。

  • 乾燥が気になる方
  • カバー力を重視する方

におすすめです。

最近は敏感肌専用のリキッド(アヤナスBBクリーム)が発売されていて、昔ほどお肌への負担を気にする必要がなくなりました。

ayanasubbc

クリーム

油分を含んだファンデーション。

3つのタイプの中でも最もカバー力、保湿力があるのが特徴です。

反面、負担が最もあり、敏感肌にはあまりおすすめできません。

接客のお仕事をしている方など「しっかりメイク」が必要な方におすすめです。

肌質別の上手な選び方

人によって肌質はさまざま。

ですが、それぞれのタイプの特徴を活かした上手な選び方をすることは可能です。

敏感肌さんのファンデーションの選び方

敏感肌の方は負担の少ないパウダーがおすすめ。

中でもミネラルファンデーションはクレンジングなしでメイクオフできるので人気です。

乾燥肌さんのおすすめファンデの選び方

乾燥が気になる方はリキッド、クリームがおすすめ。

スキンケアだけでは保湿が十分でない方はリキッドやクリームを使ってさらに保湿ケアができます。

お肌への負担が気になる方は敏感肌専用のリキッドやミネラルリキッドがおすすめです。

harusm

 使い分けで上手な使い方を

いくつかのタイプをその時々によって使い分けるのもいい方法です♪

普段はパウダーを使って、乾燥が気になるときはリキッド・クリームを使うという感じです。

こういった選び方で上手にファンデを使うことができます。

それぞれの特徴を把握して、紹介した選び方を参考に自分にあったものを見つけましょう♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪