敏感肌のスキンケア、気を付けたいポイント

敏感肌の方は普通肌とは違いスキンケアのポイントも違ってきます。
実際にはどんなことに気を付けるとよいのでしょうか?

harusm

敏感肌になってしまったら、普段のスキンケアは一旦置いておきましょう。
出来るだけ肌に優しく、そして保湿を重視した物を選ぶのがポイントです。

今回はそんな敏感肌さんのスキンケアで気を付けたいポイントをまとめました。

クレンジング

敏感肌の間は、オイルクレンジングやアルコールの入ったクレンジングは避けましょう。
形態としてはジェル、またはミルククリームタイプが肌の潤いを取らずにしっかりとメイクを取り除きます。

クレンジングをする時には、ゴシゴシと擦らず適量より少し大目の分量で優しく撫でるように落とします。

この時に、コットンにたっぷり取ってふき取るのもお勧めですが、その時に強く押さえつけるように取ろうとしないで下さい。

コットンで傷つくだけでなく、逆に肌が傷ついた所にメイクが入り込んでしまい、荒れる原因になってしまいます。

化粧水

化粧水は顔の水分を取ったらすぐにつけるようにしましょう。
出来るだけ顔に何もついていない状態が短ければ短いほどいいのです。

何もついてないと、ドンドン顔の水分がなくなりヒリヒリしてきてしまい化粧水がしみてしまったりします。
化粧水を選ぶ時のポイントは、セラミド入りの保湿成分が高いものがお勧めです。

アルコールや添加物などが入った物は避けましょう。
そしてポイントですが、一度さっと手のひらでつけた後にもう一度化粧水を手に取り押さえ込むようにたっぷりとつけると、保湿効果が上がります。

美容液

美容液ももちろん、保湿重視です。
美白、リフトアップなどの機能は敏感肌の間は避けた方が無難です。
高保湿美容液など、とにかく肌からの水分の蒸発を抑えるようにします。

ブースター

最近定着している、化粧水の前のブースター。
これも化粧水を肌に入りやすく、肌の表面を整えてくれるものなので是非取り入れるといいでしょう。

ブースターをしていると、化粧水やその後のスキンケアも抵抗無く肌に入って入ってくれます。
これも保湿重視で探しましょう。
しているのとしていないのとはやはり全然違いますよ。

乳液・クリーム

乳液をしてからクリームです。
両方とも肌の水分の蒸発を防ぐ物なのですが、クリーム塗るから乳液はいいや!と言うのは危険です。

肌への栄養が違う物だからです。
乳液は化粧水とのなじみを、クリームは蒸発を防ぐ物だからです。

harusm

乾燥が気になる季節ならば、一日中加湿器をつけるのもお勧めです。
とにかく肌が乾燥しないように、普段のスキンケア商品を今一度見直してみましょう。

また敏感肌が落ち着いてくれば、それまで使っていたスキンケアを使う事も可能ですので敏感肌の間は敏感肌用のスキンケアをしましょう。


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪