肌荒れが原因のニキビ・吹き出物、知っておきたい知識とは?

肌荒れが原因となって吹き出物やニキビができることって良くありますよね。
そんなニキビと吹き出物って・・・

harusm

ニキビや吹き出物、一緒のものなのですが年代によって場所が違うのが特徴です。

その原因一緒で「肌荒れ」なのです。
さて年代によってなぜ場所が違うのでしょう?

若い頃のニキビ

若い頃はとにかくおでこ、そしてほっぺたに出来るのが特徴です。
おでこは髪型に興味が出て来て、前髪が長めになってしまいそこにワックスやスプレーをしてしまい、それが毛穴に入ってしまって炎症を起こし、肌荒れから一気にニキビへと進みます。

ほっぺも同じく、思春期に合わない化粧品を使ったりしているのが原因とも言われていますが、同じようにこれまで触ってなかったのにいきなり気になって触りすぎてばい菌が入ってしまい、肌荒れ、ニキビになると言われています。
後はやはり顔を隠すような横髪も肌荒れにきびにはかなり良くありません。

気になってしまい、前髪も横髪も顔に頻繁に触ってしまいますが、出来るだけ前髪を上げたり、顔にかからないようにまとめたりと過度に髪が顔に触らないような髪型にしましょう。
ただでさえ、成長ホルモンでニキビが出やすいので出来るだけ清潔に、そしてすっきりとするように心がけるのが大切です。

大人になってからの吹き出物

大人になってから、急に吹き出物が出来始めてしまってなかなか治らない。と言う人がいます。
私もそうだったのですが、就職してからアゴやフェイスラインに細かい赤い吹き出物がたくさん出来てしまって、ニキビ用の化粧品にしたのに全く治らず、でも化粧をしなければならずでいつまでも治りませんでした。
このタイプの原因は「ストレス」です。

そうは言っても、就職したての頃ってどうしても解らない事だらけで大変ですよね。小まめに友達と遊ぶなどのストレス発散を見つけましょう。
それと、若い頃にニキビが出来なかった人だと肌のターンオーバーが遅い人なのです。

私は軽いピーリングのふき取り化粧水と、その後のしっかりした保湿で大分良くなりました。
ふき取り化粧水でなくても、いつもの化粧水のさっぱりタイプをコットンにたくさん取って、それでふき取るようにしてもいいと思います。

その上でしっとりタイプの化粧水を新たに買って来てつけるようにしましょう。
さっぱりタイプの乳液などはしばらくお休みです。
乳液もしっとりタイプにして下さい。

harusm

一見同じように見えるニキビと吹き出物ですが、年代によって出る所が違うのです。

それ相応の対応をしていかないと、いつまでもニキビの後が出来てしまっていつまでも気になってしまいます。
しっかりとしたスキンケアを心がけて肌荒れを撃退しましょう♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪