肌荒れしないファンデーションの選び方

ファンデーションと一言で言っても、売り場に行けばたくさんの種類がありますが・・・。

harusm

敏感肌さんは使うことができるのもは限られてしまいます。

というのも敏感肌だと使うファンデーションの種類によっては肌荒れになってしまうことがあるため。

肌荒れを避けるためにはどんなことに気を付ける必要があるのでしょうか?

ファンデーションの種類と特徴をおさえて、自分に合ったファンデーションを選択できるようになるには・・・。

ファンデーションの種類と肌への負担

肌荒れを避けるためにはファンデの種類ごとにどのくらい肌への負担があるのかを知ることが大切。

肌荒れを防ぐためにも最低限のファンデーションの特徴を把握することが必要となります。

リキッドファンデーション

カバー力は抜群で、肌のシミやニキビ後もきれいに補正できます。

ですが、その分毛穴の奥まで入り込んでしまい、落としきれず敏感肌の人はニキビなどの肌荒れにの原因に・・・。

また刺激の強い成分がたくさん入っており、1日つけただけで敏感肌の人は負担が大きいのがリキッドファンデーション。

またその前につける、化粧下地も同様で毛穴の奥に入り込んで敏感肌を刺激してしまいます。

もちろん毎回クレンジングをしっかりしないといけません。

そのため、肌荒れを避けるにはあまりおすすめできない種類のファンデーションです。

BBクリーム

BBクリームはBlemish(気になる部分)Balm(保護)するの頭文字を取った名前です。

分かりやすく言うと「化粧下地等と一緒になってるファンデーション」。

ファンデーションに美容成分が配合されています。

気になる部分を保護(隠して)くれるだけあって、密着度は高めです。

BBクリームによってはクレンジングが必要な物もありますが、軽めのクレンジングでも落ちやすいのが特徴です。

中には肌荒れに意識した肌に優しいものも発売されています。

CCクリーム

CCクリームはメーカーによって名前の意味は違うのですが、スキンケア効果が高く肌の色味を補正してくれるのが特徴です。

光効果によって、肌の欠点を目立たなくする感じのものです。

保湿効果が高いものが多く、乾燥肌の人にはおすすめ。

CCクリームで補えない所は、そこだけもう一度CCクリームを叩き込むように指の腹でつけてやりましょう。

化粧下地に美容成分が入っているのが特徴です。

BBクリームと違ってほとんどクレンジングが必要ないのもCCクリームの良いところです。

リキッドの中でも肌荒れを避けるのにおすすめなファンデーションです。

クリームファンデーション

クリームもリキッド同様で、感触がクリームの方がもっちりしていて肌にいいような気がしますが、肌にはあまり良くありません

クリームファンデーションをつけるとどうしても、クレンジングが必要です。

クレンジングもまた肌の必要な油分まで取り去ってしまいますので、乾燥肌を招く事になりかねません。

しかし、肌への密着度はその分高くてカバー力は抜群です。

クレンジングは必須です。

この種類は肌荒れを避けるにはおすすめできないタイプです。

パウダーファンデーション

リキッド・クリームファンデーションよりも密着度は減り、その2つよりも肌への負担が少ないです。

また化粧直しも簡単に出来ますし、カバー力もあります。

中には、クレンジングが不要なものもあり、肌荒れを避けるためにおすすめです。

ミネラルファンデーション

天然のミネラルが配合されており、つけたままでも寝られるくらい肌に優しいファンデーション。

余分な物が配合されていないので、肌に余計な物をつけずにメイクできます。

落としやすく、負担にならないので敏感肌の人でも気軽に付けられるファンデーションです。

クレンジング不要な物がほとんどです。

肌荒れを避けたい方だけでなく、肌荒れを起こしている方にもおすすめです。

harusm

 肌荒れしないファンデの選び方まとめ

肌荒れしない為には、

  • リキッドであればCCクリーム
  • パウダーであればミネラルファンデーション

がおすすめです。

どちらかひとつだけでも大丈夫なのですが、より肌を見せるためのポイントは、

CCクリームを付けた肌にミネラルファンデーションを軽く乗せる事

ふたつを重ねることによって、よりきれいな肌を演出できます。

また、シミなどの隠したい部分だけ、パウダーファンデーションを指の腹に取ってコンシーラーの代わりに使うこともできます。

その際の順番は、

  1. CCクリーム
  2. パウダーファンデでコンシーラー
  3. ミネラルファンデーション

です。

肌荒れしないような軽い仕上がりのファンデーションでも、カバー力があってきれいな印象を演出できるものがたくさんあります。

肌荒れが気になるから・・・といって諦めず、上手にファンデーションを選びましょう♪


makiar

 9年連続第1位♪

有名メーカー、マキアレイベルから発売されたリキッドファンデ。
50種類の美容成分の入ったファンデは、美容液ファンデーション市場で9年連続で1位になっています。

SPF35、PA+++とUVケアもできちゃいます♪