敏感肌には無香料のファンデーションがオススメ

 

敏感肌のファンデーション選びは、かなりな時間がかかるものですね。お化粧しない人も多いかもしれませんが、素肌で過ごすのは、かえって肌荒れのもとです。肌にはホコリや紫外線が容赦なく降り注ぎ、ファンデーションすらつけていない状態だとモロにそれらの物質を吸着してしまい、肌荒れ、ソバカス、赤み、湿疹を引き起こしてしまうのです。

 

お顔の肌はとくに皮膚がデリケートです。服を着て身体を守るように、お顔もファンデーションで守った方がいいですね。
私も敏感肌で、ファンデーションはいろいろ試しました。化粧品全般に言えることですが、香料の入ったものは、たとえ少しでもダメでした。そのため、基礎化粧品はヘチマや桃の葉などの、自然派化粧品に落ち着きました。

 

問題はファンデーションでした。無香料、低刺激をうたっているものは大抵薄づきで、気にしている頬の赤みやソバカスをカバーできないものが多く、発色もイマイチだったのです。
そのため、下地にこだわりました。

 

下地には、無香料で少々グリーンが入ったものを使い、気になる部分をカバーしました。その上に無香料のリキッドファンデーションを塗ったあと、仕上げのファンデーションには発色の良いラメ入りの、カバー力のあるものを使っていました。ちょっと厚塗りかなとも思いましたが、ファッション関連という職業柄、多少の厚塗りは普通でした。

 

化粧水、下地、リキッド、と肌に直接染み込む部分を無香料にして、仕上げだけしっかりカバー効果のあるファンデーションを使うことで、だいぶ肌荒れは避けられました。
すべてメーカーはバラバラでしたが、徹底して無香料にこだわったことで、ファンデーションによる肌荒れを避けられたと思います。